忍者ブログ
top

【Kings Of Hoby】 【ライブスチーム】 【素晴らしい蒸気機関車遊び】の世界

2017.09
2017.08  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >> 2017.10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この度、スルガ銀行にて「鉄道模型ローン」という商品が発売されました。
最近の鉄道模型には、高価なものも出てきたからかも知れません。

そういう、当社で扱っているライブスチームも高価なものというイメージで捉えられています。

楽しみの度合い、楽しみの時間、楽しみ方の幅などを考えれば、決して高いものではないことが分かると思いますが、中々理解されません。

そんな中、「鉄道模型ローン」を使えば、自分が思い描いていたものが実現するかもしれません、
夢が現実味を増してくるのでは、ないでしょうか?

ライブスチームは、金銭的なことだけではありませんが、重要な部分を占めていると思いますが、
そこがクリアーできれば、少しは近づくことが出来ると思います。

「鉄道模型ローン」に期待します。
PR
ものづくり日本!!

資源の乏しい日本は、独自のものづくりの技術で発展してきました。

何もなくなったときから、ハングリー精神で無我夢中にやってきたと思います。

現在は、物があふれて欲しいものはお金を出して手に入れることが出来ます(いいやら、悪いやら)

自分の頭と手で物を作り上げていく楽しみを復活させていきたいと思っています。

それにはむやみに、物を買わず不便を体験することです、それを体験すると必要なものが解り、簡単なものは手作りできると思います。

自分の物は、どのようなつくりでも自分が納得すればいいので気が楽です(人の評価は気にしない)

物つくりの楽しみは、身近にあると思います、がんばりましょう!!
模型・・・本物をまねて作る

鉄道が好きで・・車両が好きで・・その車両を身近に置いておくには小さくして作らなければなりません。

自分にとっては、それが始まりでした。

鉄道車両を作っているうちに、走らせる線路をそろえ・最初のうちは皆さんと同じように畳みに線路敷いて「お座敷レイアウト」で運転していました。

しかし、鉄道模型を進めていくうちに、自分が何故好きなのか考えてみた時、小さな頃(小学生時代)弟と2人上野駅から田舎の長野県上田市に、毎年遊びに行ったときの汽車に揺られて行ったときの印象が強く残っているからだと思い出しました。

それで、鉄道車両を走らせるには風景などをつくり、その中を鉄道車両が走るさまを再現した方がもっと楽しくなると思い、風景付のレイアウトを製作し、その上を走らせて楽しんでいました。

鉄道模型について、皆さん方様々な考え方があると思いますが、それに関わっている時は日常を忘れ、没頭できるのではないでしょうか!!

それぞれの思いで模型つくりを楽しみましょう!!

蒸気機関車つくりの世界
現在建設中のライブスチームレイアウトに行ってきました。

個人的な事情により、行く事が出来ずに間が開いてしまいましたが、内周線エンドレスのコンクリート路盤が出来上がっていました。

気の会う仲間が、協力して一つのことを成し遂げていく・・・・いいものです。

きっと素晴らしいものが出来上がると思います。

個々人、得て不得手があると思いますが、自分の得意とするものを出し合えば、難しいと思えるものも実現できると思います。

ある目標を持って、その目標を実現するためには、いろいろなやり方道筋があると思いますが、みんなで知恵を出し合い仕上げていく、今建設しているところは、そんな仲間が集まっています。

今日は、心の中で感激をして帰ってきました。
今日、今までラジコンをやっていたが、ある年齢がきたので蒸気機関車を作ってみたいと電話があった。

それも、単なるキットを組み立てるだけではなく、自分も手を掛けていいものにしていきたいというのです。

いろいろお話を聞いていますと、機械者が好きで電気にも明るくエンジニアーの方のようです。

当社は、鋳物部品から小物部品まで数多くの種類を販売しています。

蒸気機関車を作るには、現在、いろいろな道が用意してあります。

各人の選択によって一人でもこの世界に入って楽しんでいただきたいものです。
いろいろな人と話をする機会がありますが、趣味のことを聞くと7割くらいの方は、特に思いつかないと答えます。
日常のいそがしさに追われその余裕が持てないのではないかと思います。
また、趣味があるという方でも徹底して入り込んで愉しく遊んでいない風な方もいます。

最近はすくなくなってきた様に思いますが、日本人は遊びに関してまだ遠慮があるように思います。

心の底から遊ぶことを愉しむ、そのために日常のあらゆることに責任を持つメリハリをつけた生活で充実した日々を遅れるのだと思います。

大いに愉しみましょう!!

HOゲージ模型の時代に会社名を作ってレイアウトを製作をしたときが有ります。

自分の住んでいる地域を流れる川の名前を取って「見沼鉄道」と名づけました。

会社名がつくとそれをイメージしたレイアウトを作る様になります。

やはり川に沿って線路が走り、お決まりの鉄橋・築堤・トンネル・駅・樹木等をイメージどおりに配置していきます。

そこには、蒸気機関車が似合う風景があり、のんびりとした雰囲気が漂い、鉄道を中心にして町が出来ている様子になっています。

その出来上がったレイアウトの上でキットを組立てた車両を走らせたときは、感激しました。

鉄道模型の趣味をやっていると欲張りになってしまいます。

何でも楽しんでしまおう・自分でできることは自分でやり、楽しもうと!!

今でもそれは変わりません。

その後はこの次~~

前回より大分間があきましたが続きです~

鉄道趣味の中でも鉄道模型を楽しみとする分野になくてはならないものは、言うまでもなく線路です・・そう2本のレールで出来ている線路がなくては鉄道は成り立ちません。

鉄道模型を細分化していくと最初は車両派とレイアウト派、車両派には蒸気機関車派、電気機関車派、電車派、その他、次に工作派とコレクター派、その他に」ージ又は縮尺によっても分かれます。
この様に限りなく分類がひろがっていきます。

それでも、鉄道模型では共通するものは線路が必然です。
出来た作品を走らせる為にはもちろん、飾っておく為にもただの板の上では様になりませんので線路の上におき飾ります。

表題の「鉄道を作る」と言うことを、最近特に考えてきたことは線路を作ると言うことだと思う様になってきました。

現在、ライブスチームの世界に入ってきてからはなお更です。

自分の場合は、Nゲージ、HOゲージ時代は線路図を先に考えてその後に風景等をイメージしてレイアウトを作ってきました(もちろん思い出の情景は考えていました)が、ライブスチームの大きさになりますと、レイアウトを作る地形に合わせて線路配置を考えていくという、本物の鉄道に近くなってきます。

いきおい、鉄道会社を作る気がしてきます。

具体的にはまた続きで・・・・・・

小さい頃から、模型が好きで特に動く物が好きでした。

汽車、自動車、船、飛行機、・・・

一時は飛行機のパイロットを夢見ましたが、中学の頃から鉄道模型を始める様になりました。

初めは木と紙を使って車両を作り、飾っていました。

もちろん汽車も紙を丸めて作りました。

車輪は木です。

早く金属製の車両を作れる様に夢見ていました。

高校頃からようやく金属製の模型制作ができる様になり、楽しみが大きく発展しました。

その頃から、模型鉄道の中で鉄道会社を作ることが目標になって来ました。・・

この続きはまた・・・・・・・

最近時間があまり取れなくなっていますが、人間の一生についてよく考える用になっています。

この世の中で平等と言うことについて、地球上の人が地域を問わず・貧富・位い・肩書き等に関係なくあらゆる人に与えられているものが「時間」だと思います。

その「時間」を無駄に過ごすか、有意義に過ごすかによって一生のうちには大きな違いが生じてきます。

せっかく、生を受けて生まれてきたわけですので皆さんに平等に与えられている「時間」を有効に使って、有意義で充実した毎日を送りましょう。

一つは趣味に生きることが愉しくも有り、満足できるでしょう!

二つは社会に貢献することをすることも、生きがいがあるでしょう!

いずれにしても大切な時間をもっと考える様にしたいものです。

【時間の取れなくなった一人の老人より】
日本庭園鉄道の今月のイベントに向けて、線路作りが佳境に入っています。

鉄橋部分の内回りが完了しました、その模様はウェブカメラで

http://www.ne.jp/asahi/jgr/live/index05.html

真新しい線路が光っています。

明日には全線が開通する見込みです。

丸4年で全体の9割が完成しました、会員皆さんの協力の結果だと思います。

クラブ活動は会員の協力がなければよい運営は出来ません。

自分達の力で土木から線路作りまで成し遂げてきたことは、素晴らしいことだと思います。

また、出来上がった線路の上を、自分の愛機を自由に運転して楽しめることは最高の喜びだと思います。

ぜひ、皆さんも身に来てください。

http://www.1-abc.com/jgr/

私の所属している日本庭園鉄道のレイアウト改造が一部を除きまもなく完了します。

それにつきまして下記の内容でイベントを開催します。

皆さんお誘い合わせの上ご来場ください。

************************************

1 名  称 ミニSLとあそぼうインすその
 
2 期  日 11月23日(金・祝日)~11月25日(日)
10:00~16:00(最終日15:00まで)
 
3 会  場 日本庭園鉄道(静岡県裾野市今里62-5)
  ※鉄道模型&玩具の運転・展示・販売は、隣接する今里区体育館を借りて開催します。

4 実施主体 JGR日本庭園鉄道
 
5 内  容 5インチ・31/2インチ・1番ゲージ・Gゲージの展示運転、ミニSL列車への乗車及
び体験運転、各種鉄道模型&おもちゃの運転会を実施
 
6 その他 ①入場は無料
               ②大型鉄道模型について車両の持ち込みに付いては制限を設けませんが、事前に事務
                  局に連絡お願いします
 
7 交通 JR三島駅・裾野駅より富士急シティーバス下橋バス停下車(須山・下和田上・イエティー
・遊園地ぐりんぱ行)、チャリティー有料駐車場有(台数に限り有)
 
8 問い合わせ 事務局・和田会長(090-1417-7495)

ホームページ(URL=http://www.1-abc.com/jgr/

********************************************

昨日(2007.9.8)、埼玉の日工大100周年を記念して行われている、[MiniRailwayFestivalに今年は見学者として行ってきました。

このフェスティバルは今から丁度20年前に「第1回ミニSL国際大会」が開かれました。

当時は、私も東工学園のSL教室の生徒でしたのでホストの側で参加しました。

あの時の熱気は今も忘れません、それから20年経って思うことはこの大型鉄道模型の世界が着実に広がっていると感じたことでした。

興味・関心が有り、この世界で楽しみたいと思えば参加する方法がいくらでもあると思います。

ガソリンエンジンを使ったディーゼルカー・バッテリーを使った電車や電気機関車、本格的な石炭で走る蒸気機関車も製作するための環境は20年前より整ってきており、やる気を出せば実現させられます。

一度この大型鉄道模型を味わうと、2度と抜け出せなく危険はありますが覚悟を決めて参加しますと、昔から言われています「キングオブホビー」の醍醐味と楽しみが日常の生活を豊かにしてくれます。

改めて、この趣味をやっててよかったと思います。

皆さん、やろうかどうか考えている方は考えているだけ時間が無駄になります、要はやる気の問題です。
楽しい、ライブスチームの世界へ参加しましょう!!!

鉄道趣味の楽しみ

趣味の中でも大きなシェアを占めているのが鉄道趣味です。

鉄道旅行、時刻表、鉄道写真、鉄道風景、車両趣味、鉄道を

使った推理小説、それに私達が楽しんでいる鉄道模型、たく

さんの楽しみ方があります。

そこに共通しているのは「鉄道」が絡んでいるということで

す。

どのようなジャンルでも「鉄道=列車の旅」がついています

なぜ鉄道が好きかと問われてもこれこれですと一口では答え

られずにいますが、鉄道に関するものに接していますと自然

と心が落ち着きます。

その様なものだと思います。

皆さんも今一度「鉄道」に対しての思いを考えてみませんか

!!

続く~~~

http://www.dorinsha.com

********************** PR ***************************
衣・食・住・遊をもっと豊かに・特典が盛りだくさん!!
http://www.sei-go.jp/803654
*****************************************************

hide カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
hide カウンター
hide プロフィール
HN:
C56
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
蒸気機関車製作
hide 最新CM
hide バーコード
hide ブログ内検索
hide お天気情報
hide 最新TB
hide フリーエリア
Copyright ボスの独り言・つぶやき by C56 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom